舞台芸術科 News2018

舞台芸術科News2018
一件も該当記事はありません。

舞台芸術科 News

舞台芸術科News >> 記事詳細

2018/07/07new

舞台芸術科 校外鑑賞行事 シルク・ドゥ・ソレイユ鑑賞

| by 舞台芸術科主任

6月5日(火)舞台芸術科の校外鑑賞行事を行いました。
午前はお台場グループ研修、午後はシルク・ドゥ・ソレイユ「キュリオス」を観劇しました。
以下、当日の様子です。

グループ研修では、今後の表現の手がかりを見つけることを目的に、お台場の特色ある街の景観や施設についてフィールドワークを行いました。
  
「シルク・ドゥ・ソレイユ」は世界的なサーカスカンパニーですが、超絶テクニックはもちろんのこと、世界観を形作る美術や衣裳、圧巻の演奏で舞台を支える音楽、演目をライブで映し出す映像などまさに総合芸術といえるカンパニーです。

今回の演目「キュリオス」では、産業革命時期をモチーフとしたスチームパンク風の圧倒的舞台空間の中、数々のスーパーテクニックが披露されていき、生徒たちはショーアップされたダンス、アクロバット、音楽、パフォーマンスに魅了されていました。
  
 
今回の鑑賞行事が専門分野における芸術的感性の向上に生かされていくことはもちろんですが、総合芸術としてのパフォーミングアーツの可能性について、目を向けていくきっかけとなることを期待しています。

【レポート課題「『総合芸術』としてのパフォーミングアーツの可能性について考える】
「今回初めてサーカスを見て、私が知っているパフォーミングアーツとはごく一部で、総合芸術と名を変えるだけでいろいろな舞台芸術があり、そこには正解不正解のない無限の可能性が広がっているのではないかと感じました。」

「私たちの学校はなんと恵まれているのだと思った。学校として様々な分野がすでに揃っているという環境下において、ピースの組み合わせ一つで驚きはたくさん発見できるのだ。だから、合同で何かをしてみたいと思った。」


19:00