舞台芸術科 News2018

舞台芸術科News2018
1234
2019/02/15

舞台芸術科 1年次「バレエ・ダンス」成果発表会にて

| by 校長
2月15日(金)1年次舞台芸術科の生徒対象「バレエ・ダンス」の授業において、これまで専門講師の松原先生・土屋先生にご指導をいただき、その成果を発表する、「成果発表会」がレッスン室1にて行われました。
個性的なダンス  グループ発表の1コマ  クラッシック・バレエのシーン
前半・後半に分かれ、全体発表の後にグループによる創作モダン・ダンスを披露しました。鑑賞にかけつけた先生方の前で、初めての演技披露。緊張しながらも、それぞれで考えて作り上げた作品をエネルギッシュに披露しました。
皆で考えた作品  力を合わせて  伸び伸びと演技
舞台芸術科「バレエ・ダンス」の授業は、これから2年次でさらにグレードアップする技術や心構えを学ぶ授業です。基礎基本をしっかり学び、本日の発表会となりました。この貴重な経験を大切にして、さらにステップアップしていきましょう。
12:34
2019/02/08

舞台芸術科 2年次「日本舞踊」公開実技試験

| by 教頭
2月8日(金)舞台芸術科2年次生「日本舞踊」の公開実技試験を実施しました。
舞台芸術科のカリキュラムでは、「日本舞踊」を専門必修科目として設定し、2年生全員が学んでいます。
今回は「日本舞踊」の授業の1年間の総まとめとして、御来場いただいた保護者の皆さんに見守られながら学習成果を発表しました。
演目は、長唄「舞扇」「藤娘」「槍奴」の3曲です。
それぞれ10名程度のグループに分かれ、心を一つに合わせながら上品でしなやかに演じていました。
今年4月から始まった授業では、着物の着方や正しい姿勢、美しい立ち居振る舞い、礼儀作法などの基本的なことから、「日本舞踊」の複雑な舞い・踊り・振りの技法を毎週2時間学んできました。
どの生徒も日本の伝統芸能の一つである「日本舞踊」から得たものは多く、今後の舞台上での様々な身体表現にも生かされることでしょう。
御指導いただきました先生方、ありがとうございました。
  
  
  
舞台芸術科18期生の皆さん、お疲れさまでした。
17:30
2019/01/25

舞台芸術科 「日本舞踊」公開実技試験

| by 教頭
1月25日(金)舞台芸術科3年次専門選択科目「日本舞踊」の公開実技試験を行いました。
演目は、長唄「手習子」と「雨の五郎」の2曲で、男性と女性の表現が対照的な2作品です。
演目一つ目の「手習子」は、おませな町娘が、日傘をさして寺子屋帰りに、蝶を追ったりして道草をする様子を表現した演目で、可愛らしい少女の動きが印象的です。
対照的に、演目二つ目の「雨の五郎」では、曽我の五郎時致が、愛人化粧坂(けはいざか)の少将(しょうしょう)の居る廓へ通う五郎の姿を舞踊化したもので、勇壮な舞の中に、男性の色気が感じられます。
今年度の授業選択者7名は、「舞」「踊り」「拍子」の3つを複雑に合わせ、細やかな心情を表現してくれました。
舞台芸術科17期生の皆さん、日本舞踊の授業で学んだことや感じたことを、今後の人生の様々な場面で生かしてください。
  
  
御指導いただきました先生方、ありがとうございました。
16:23
2019/01/25

舞台芸術科 「古典芸能」公開実技試験

| by 教頭
1月24日(木)舞台芸術科3年次専門選択科目「古典芸能」の公開実技試験を行いました。
本校の「古典芸能」の授業では、主に長唄三味線を学んでいます。
今年度の授業選択者10名は、まず「『連獅子』狂ひの段」を一人ずつ演奏しました。
この授業で初めて三味線を触った生徒がほとんどですが、一年間の授業を通じて練習を積み重ね、慣れた手つきで三味線の弦を撥でしっかりと弾いていました。
一人ずつの実技試験が終了した後、今度は講師の先生も含めた全員で「『連獅子』狂ひの段」を演奏し、最後は生徒のみで「『勧進帳』寄せの合方」を披露しました。
10名の生徒の演奏は迫力があり、息もぴったり合っていました。
御指導いただいた高橋智久先生、ありがとうございました。
  
  
10:44
2019/01/22

舞台芸術科 3年選択授業「ムーブメント」発表会

| by 校長
1月22日(火)3年次選択専門授業「ムーブメント」の公開発表会がありました。このムーブメントは、演劇表現と舞台表現の融合として発展してきた芸術です。ムーブメントの歴史・基礎テクニックの学習からはじまり、舞台表現の多様性を学ぶ授業です。
指導中の様子 動きのある作品 動と静の表現
このムーブメントの授業は小池博史先生の指導をいただきながら、3年次の選択科目として設置されています。本日は、作品「わがまち」が上演され、これまでの集大成となりました。
素早い動き 効果的なセリフ作品を振り返る
3年次の生徒は今月末から最後の考査がはじまり、いよいよ授業そのものが終了となっていきます。1時間1時間を大切に授業に臨んでいきましょう。
11:58
2019/01/19

舞台芸術科 学科説明会報告

| by 舞台芸術科担当
1月19日(土)舞台芸術科の学科説明会を行いました。
午前の部は、中学3年生対象の個別相談です。
受検生の皆さんは、入試が近くなり不安なことも多いとは思いますが、今回の個別相談を通じて、少しでも不明な点や不安が解消されれば幸いです。
午後の部は、中学1、2生を対象とした創作ダンス体験です。
  
  

まずは、アップを兼ねて簡単な挨拶ダンスをみんなで踊りました。
創作ダンスは、丸めた紙を入れて膨らませた袋を何かに見立て、全員でアクションを起こすところから始まります。
爆弾に見立てたり、犬に見立てたり、各グループ思い思いの発想で動き回ります。
袋を投げたり、丁寧に渡したり…そんな動きの連鎖が曲と合わさると、自然とダンスになってくるのです。
最後にはライトアップされた舞台で、作品発表も行いました。
体験は、1時間30分ほどの短い時間でしたが、身体表現を創作すること、発表することの楽しさを感じて頂けたら幸いです。

今回で、本年度の学科説明会は全て終了となります。
お忙しい中、本校の学科説明会にお越しいただきました皆様、誠にありがとうございました。
17:56
2019/01/16

舞台芸術科 ジャズダンス授業発表会

| by 教頭
1月16日(水)3年次専門選択科目「ジャズダンス」の授業発表会を開催しました。
今年度の授業で学んできた3年生24名が、体全体を使った表現豊かなダンスを見せてくれました。

「ジャズダンス」はアメリカで生まれ、その後、様々な国の文化を取り入れて複雑に進化したダンスです。
バレエの優美な上品さやヒップホップのリズミカルなダンスの中間で、柔軟性・筋力・リズム感・表現力などが求められますが、自由度は高く、表現方法も自由自在です。
ダンスを発表した生徒たちも、一人一人の感性でジャズダンスの魅力を感じながら、アップテンポやスローテンポの曲をクールに踊り切りました。
発表会に御来場いただいた保護者の皆様、ありがとうございました。
  
  
  
13:19
2018/12/20

舞台芸術科 選択科目「舞台技術研究」の1コマ

| by 教頭

12月20日(木)3年次舞台芸術科の選択科目「舞台技術研究」において、山北先生の「蓄音機講座」が総合練習場において行われました。山北先生の数多いコレクションから芸総生のために、いくつかお持ちになっていただきました。
  
戦前に作られた蓄音機やカメラ、そして貴重なレコードを前に、山北先生の講義を目を丸くしながら聴いている芸総生。時折、先生に積極的に質問をする生徒もおり、興味関心は相当大きいものがあります。
  
前半は蓄音機の歴史、蓄音機の仕組みについて学び、いよいよレコードを聴いてみると、「懐かしい・ノスタルジックな」空間がありました。実際に生徒たちはレコードを手にして、歴史の重みを感じていました。舞台技術研究というジャンルでの本日の学びを通して、現代の世の中や自分自身を振り返る時間となったようです。


11:11
2018/12/18

舞台芸術科 「狂言」公開実技試験にて

| by 教頭

12月18日(火)杉並能楽堂において、舞台芸術科専門選択科目「狂言」の公開実技試験が行われました。寒さを強く感じる日でしたが、保護者や関係の職員の皆さんが来場され、10名の3年次舞台芸術科の生徒たちの演技を見守りました。
  
当日は4番組(4作品)の舞台でした。そもそも狂言は200番組あり、本日はその中から4番組「口真似」「しびり」「狐塚」「蟹山伏」という構成でした。
  
人間の愚かさ・悲哀さを表現する「狂言」、写実的な表現ではなく、様式に則った「個性を出さない演技」の奥深さを生徒たちは懸命に演じていました。昨日の別の発表会を終えたばかりの生徒とは思えない見事な「狂言」の舞台でした。
  
4番組終了後、人間国宝であり本校の生徒たちを指導していただいている山本東次郎先生が生徒の歌に合わせて舞を披露されました。圧巻の舞に一同感動。その後、山本先生より生徒のたちの演技の講評をいただきました。とてもレベルの高い演技で、素晴らしかった、というお褒めの言葉をいただきました。そして、先生を囲んで記念写真。貴重な一生に一度の大事な大切な時間でした。


18:28
2018/12/15

舞台芸術科 体験入学3(実技体験レッスン)報告

| by 教頭

12月15日(土)舞台芸術科の今年度3回目の体験入学を開催しました。
今回は本校の入学試験において実施する実技検査のイメージを中学生の皆さんに掴んでいただくために、過去出題例を使った実技体験レッスンを行いました。
今年度最後の体験入学ということで、約100名の中学3年生とその保護者の皆さんに御参加いただきました。
実技検査対策として今回のレッスンで学んだ内容を生かしながら、入試本番に向けて繰り返し練習しておきましょう。
  
今年度最後の学校説明会を1月19日(土)に開催します。
午前の部は中学3年生対象で、午後の部は中学1・2年生対象となります。
入学試験に向けて不安や悩みがある中学3年生は、どうぞ午前の部に御参加ください。
中学1・2年生対象午後の部では、「中学3年0学期」をテーマに、その先の入試に向け、体験をとおして芸術総合高校への理解を深めていただきます。
ぜひ多くの中学1・2年生の御参加をお待ちしております。

平成30年度「第2回学校説明会」
平成31年1月19日(土)
午前の部【中学3年生対象】9時30分から12時まで(受付9時から)
午後の部【中学1・2年生対象】13時30分から16時まで(受付13時から)
詳細情報及び申込は
こちら


16:36
1234

舞台芸術科 News

舞台芸術科News >> 記事詳細

2018/07/09

舞台芸術科 音声表現 山口由里子さん特別授業

| by 舞台芸術科主任

舞台芸術科「音声表現」の授業では、特別講師として声優の山口由里子さんに全5回の授業を行っていただきました。

ONE PIECEのニコ・ロビン役など、声優として大活躍されている山口さんですが、授業では声による表現だけでなく、舞台俳優とのしての技術、心構え、練習方法など、役者として大切なことを多岐にわたり分かりやすく、フレンドリーに教えていただきました。

  

7月4日(水)最終回の授業では、課題として取り組んできた「どんぐりと山猫」のテキストについて、上演発表を行いました。

時間のあまりない中での発表でしたが、生徒たちはそれぞれに工夫をして取り組み、楽しい発表となりました。

その後、山口さんから幾つかのアドバイスをいただき、もう一度上演を行いました。

山口さんからは、1回目よりさらに良くなったとお褒めの言葉をいただきました。

 

授業の最後には、生徒たちから感謝の言葉とともに色紙の寄せ書きをお渡しました。
お返しに山口さんからも生徒たちに短い詩の朗読というプレゼントをいただき、特別授業は終了となりました。
5回という授業期間でしたが、生徒たちにとって、かけがえのない学びの場となりました。

山口由里子さん、本当にありがとうございました。



19:15