美術科 進路

進路


 芸術総合高校美術科の卒業生の多くが、さらに美術の勉強を深めるために東京芸術大学や武蔵美、多摩美などの美術系の大学へ進学します。また、教育系大学に進んで美術の教員を目指す生徒もいます。短大や専門学校に進み、デザイナーなどの仕事に就いて、社会の第一線で活躍する卒業生もいます。美術系の大学では、入学時から、絵画(日本画・油彩画)や彫刻、デザイン、工芸などに分かれ学習するのが一般的であり、芸総美術科で学んできたことを基盤に、より専門的に学ぶことができます。芸総美術科での三年間によって、大学ではきっといいスタートが切れるでしょう。

 美術系の大学は、多くの大学で学科試験の他に、デッサンの試験そして各専門領域の試験があります。芸総の美術科のカリキュラムは、そうした入試の出題内容に対応しています。また、女子美術大学をはじめ、美術大学以外も多くの大学から指定校推薦枠の指定をいただいております。指定校推薦や一般の推薦、AO入試などを利用して、早い段階で確実に合格する生徒も多数います。
 

美術科 卒業生からのメッセージ

美術科で3年間学び、それぞれの進路へ進んだ卒業生からのメッセージです。


芸術の扉を開けるようなワクワク

第15期生 彫刻専攻 水巻映
芸総生活は通過点であり原点です。あっという間の3年間でした。中学校生活よりも濃い内容で、実技面でも人としても、としても成長できました。芸総は4つの学科があり、それらとの関わりで作品の幅も感性も広がるのが芸総ならではだと思います。自然も豊かで空がきれいです。ここで学ぶことは芸術の扉を開けるようなワクワクがたくさんあります。高い志を持って、楽しんでください。
(東京芸術大学 美術学部 彫刻専攻 進学)


芸術に溺れる3年間

第14期生 彫刻専攻 山口楓香

現在、大学では芸術学をはじめ、デザインや映像等、幅広い領域を学んでいます。学科の特性上、作品を制作することが少なくなった今、芸総という環境がどれだけ恵まれていたかという事を改めて実感しています。志を同じくする仲間や先生方との出会い、美術に対してここまで没頭できた3年間は、私にとってかけがえのない財産となるでしょう。様々な芸術に触れ、芸総でしか味わえない濃密な時間にどっぷりと浸かってみて下さい。

(武蔵野美術大学 造形学部 芸術文化学科 進学)

 

特別な時間

第9期生・油絵専攻 大内柚子

私は現在、武蔵野美術大学の大学院で油絵を勉強しています。そんな私にとって、芸総で過ごした3年間は特別な時間でした。作品と向き合うことで日々自分が高まっていく感覚。志を共にし、励まし合い、生涯競い合える友人たち。美術のことやそれ以外のこと、数え切れないほどの大切なことを教えてくれた先生方。芸総での生活は、毎日が学びと成長であり、感動に溢れていました。芸総で過ごした時間は、今も作品制作を通して私の中に生きています。皆さんも、芸総で精いっぱいの特別な時間を過ごしてください。

(武蔵野美術大学 進学・大学院修士課程美術専攻油絵コース )

 

作品と向き合った3年間

第9期生・クラフトデザイン専攻 山本美香

私は現在美術教師として都内の中学校で働いています。芸総で過ごした3年間は、美術に関わる仕事がしたいと思うきっかけとなりました。毎日自分のエネルギーを作品にぶつけ、自分と向き合い、時には苦しいこともありました。しかし、自分が一番夢中になれるのは美術なのだと作品と向き合った3年間で実感することができたのです。
私にとって芸総で過ごした日々は一生の宝物です。皆さんも、すてきな芸総ライフの中で、かけがえのない仲間と夢を見つけられることを願っています。

(教員/文教大学 教育学部 卒業

 

私を作り上げる大切な土台

第8期生・日本画専攻  横手美紀

芸総での三年間は今思い返しても本当に濃いもので、私を作り上げる大切な土台となっています。入学当初はただ絵が好きだから描いて行きたい、上手くなりたいという気持ちでした。皆スタートダッシュは似た様なものだと思います。美術を学んでいくという同じ志を持った最高の仲間と日々悩み、それを乗り越えて行く中で素晴らしい先生方に支えられ、共に全力で挑み、時が経つにつれて自分も含め仲間の個性が花開いていくのを感じました。芸総で私は日本画を専攻し、いつの間にか画材に惚れ込み、大学2年生の時には画材屋に就職したいという夢を持ちました。そして大学を卒業する今私はその夢を叶えることができたのです。それは芸総での三年間で自分の個性、方向性を見つけることができたお陰だと思っています。迷ったら只々目の前にある事を仲間や先生の手を借り、一生懸命やり切って下さい。芸総で過ごすその一つ一つが必ず将来への自信になるはずです。

株式会社ウエマツ/女子美術大学 美術学部 日本画専攻 卒業)

 

もっともすばらしいのは「出会い」

第11期生・日本画専攻 小林あすか

芸総美術科というところは、もちろん美術ついて学ぶ場所です。そこには素晴らしいことが数多く存在していますが、私が最も素晴らしいと感じたことは、人との出会いです。美術についての知識や技術を手に入れることも、美術科に入った人間として大切なことです。ですが、それよりもっと大切なのは、美術について指導してくださる先生方や語り合うことのできる仲間の存在でした 美術に関してまだまだ未熟な生徒がひとりで作品の制作をしていると、無意識の内に視野が狭くなってしまうことがあります。そしてそのことに気がつかないまま、いつの間にか制作が行き詰まることはよくあることです。そんなとき、その詰まったものを取り除くきっかけをくれたのが、先生や仲間の率直な一言であったりしました。そんな出来事があって、やはり素晴らしいと感じています。美術科に入って私が成長することができたのも、そうした経験によるものが大きかったと思います。芸総を卒業してしまうと、こんな体験はおそらく滅多にできなくなるでしょう。先生方や3年間同じ教室で生活する仲間たちと過ごす芸総での日々を、是非、味わって欲しいと思う。

東京学芸大学 初等教育養成課程 進学

 

美術科 進路実績

主な合格校15校(平成25年度~平成29年度の進路実績 学校は順不同 *( )は卒業生内数)

 
学校名
25年度
26年度
27年度
 28年度
 29年度
主な学科・コースなど
国公立
東京芸術大学
3(3)
 
 
 1(1)
2(2)
油絵・日本画・先端芸術表現
国公立
埼玉大学
 
1
 
 
 
教育学部美術専修
 国公立
秋田公立美術大学 
 
 
 1
 
 
 芸術文化 造形芸術
国公立
愛知県立芸術大学
1
 
 
 1
 
工芸
 国公立
沖縄県立芸術大学 
 
1
 
 
 
 絵画
私立
多摩美術大学
8(2)
7
 2
6(1)
油絵・日本画・グラデほか
私立
武蔵野美術大学
6
5(1)
 4
 8(1)
10(2)
油絵・日本画・彫刻・視デほか 
私立
東京造形大学
6
 7
 8(1)
 8(2)
6(1)
油絵・彫刻・デザインほか 
私立
女子美術大学
6
10
4
 2
5
油絵・日本画・デザインほか
私立
日本大学(芸術学部)
11(1)
 2
 2
 1
 
油絵・彫刻・デザインほか 
私立
東北芸術工科大学
1
 1
 1
 
 
油絵・日本画・彫刻ほか
私立
横浜美術大学
 
 
 2
 2
 
デザイン
私立
跡見女子学園大学
 
 2(1)
 2
 1(1)
 
人文
 私立
東京家政大学 
 
2(1)
 
 
 教育福祉
専門
桑沢デザイン研究所
4
1
 
2
2
総合デザイン科
 

美術科 指定校

美術科 指定校

主な指定校


学校名学部学科・専攻備考

美術科 指定
私立女子美術大学芸術学部美術・デザイン・工芸ほか
私立東京家政大学家政学部造形表現
私立文星芸術大学美術学部造形芸術 ほか
私立横浜美術大学美術学部美術
私立実践女子大学文学部美学美術史
短大女子美術大学短期大学部
造形(美術・デザイン)
私立桑沢デザイン研究所
総合デザイン専門学校

学校指定
私立東京造形大学造形学部美術・デザイン
私立文教大学情報学部メデイア表現 ほか
私立明星大学教育学部・デザイン学部美術コース・デザイン
私立東京工芸大学芸術学部デザイン ほか
私立玉川大学芸術学部芸術教育学 ほか
私立跡見学園女子大学文学部 ほか現代文化表現 ほか